参観者の皆様方へ

このような日記にそうそう訪問があるとは思えないのであるが、一応公開となっている関係上、予めご参観の方々に対する方針を申し述べておく。

1.以下に該当するコメントについては、発見し次第削除をする。削除についての、事前または事後の告知は行わない。

a.私以外の者の名誉を毀損する、正当なプライヴァシーを侵すなど、法令に違反した内容を含むもの。

b.記事の内容とはいかなる点においても関係ない内容のコメントであって、一方的な宣伝を目的とすることが明らかであるもの。

c.専ら、本方針2項乃至5項の措置に対する不満・批判等を述べることを目的とするもの。



2.以下に該当するコメントについては、管理者の判断により削除を行うばあいがある。削除について、事前の告知は行わないが、削除後に当該コメントを特定して告知する。削除の理由については、事後告知において明らかにする。

a.内容または表現の点において、他のコメント者に対して、明らかに礼を失しているもの
b.管理者が削除依頼を受け、これに応ずることが適当であると判断したもの
c.無内容な質問、揶揄を繰り返すなど、明らかに嫌がらせを目的としたコメントであって、今後同趣旨のコメントを行わないように管理者より警告した後に投稿されたもの
d.本方針の1項乃至3項によって削除されたコメントを書き込んだ者の、当該コメント以外のコメント
e.本方針の5項によって、コメント停止となった者が、停止以前に行ったコメント



3.短期間に大量のコメントが付せられ議論が混乱をきたすなど、管理上きわめて著しい支障が生ずる事態に立ち至ったばあいにおいては、予め告知を行った上で、コメント削除をおこなうことがある。このばあいにおいては、特定のコメントを削除するだけでなく、特定人の付したすべてのコメントを削除したり、付されたコメント一切を削除することがある。いずれの措置を採るかは削除告知において示す。ただし、実際の措置が告知と一致しないことがある。
告知から削除までは24時間以上の間隔をあけることとする。削除後には、削除を行った旨の事後告知をする。実際に行った削除と事前の告知が異なるばあいには、事後告知においてその旨を付記する。



4.削除依頼があったコメントについて、削除しないとの決定を下したばあいについては、その旨を告知する。



5.以下のばあいにおいては、特定者のコメント書込みを停止する措置を採ることがある。コメント停止を行う前に、当該人物のidおよび停止理由を示して告知する。停止は、告知より24時間後以降に行う。実際の停止後に、事後の告知をする。
事前告知の後に、対象となる者が大量のコメント書込みを行うなどの嫌がらせ行為をしたばあいには、24時間の経過を待たずに停止を行うことがある。

a.本方針1項によって削除されたコメントの投稿者
b.本方針2項のa号乃至c号によって削除されたコメントの投稿者
c.本方針3項により、特定人物のコメントが削除された場合の当該投稿者
d.本項a号乃至c号にあたる者と同一人格であると、合理的な理由によって推定される者


6.上記1〜5の告知は、いずれも日記の記事により行う。



7.コメントおよびトラック・バックについてはできる限り目を通し、応答を行いたいと考えているが、必ずこれを行うことは保証しない。むろん、いわゆる「黙殺」を行うこともある。



8.最後に、参観者の皆様方には、特に批判を行うばあいにおいて、ユーモアと皮肉の精神をもって議論されんことを期待する。

08.4.18追記:以下の通り、本方針を改める。

1.本方針第1項a号の、「他のコメント者」の次に、「その他特定の第三者」を加える。

2.本方針の第2項a号の次に、次の号を追加する。

aー2:内容または表現の点において、不特定の第三者を、差別、侮辱または挑発する意図をもってなされたことが明らかであるもの

3.本方針第6項の次に、次の項を追加する。

6の2:本方針を改める場合においては、本記事に日付を示して追記する方法で、これを行う。当該追記は、原則として、追記をした日付の午前0時以降になされたコメントに対して適用する。適用につき、これと異なる扱いを行う場合においては、当該追記の中で明示することとする。



08.4.27追記:本方針を以下のように改める。

1.本方針第1項a号の中、「私以外の者」とある部分を、「管理者以外の者」と改め、「正当なプライヴァシーを侵す」の前に、「もしくは」を加える。

2.本方針第1項c号の中、「本方針2項乃至5項の措置」とある部分を、「本方針第2項乃至第5項又はトラックバック対処方針(2008年4月2日付け記事「参観者の皆様方へ(トラックバック対処方針について)」で定めているものをいう。以下、本方針において同じ。)に基づき管理者が行った措置」と改める。

3.本方針第2項a号を次のものとする。

a.内容もしくは表現の点において、他のコメント者(管理者を除く。)に対して礼を失していること、又は表現の点において、第三者(管理者及び当該コメント者を除く他の者をいう。以下、本方針において同じ。)に対して度を越えて著しく礼を失していることが、明らかであるもの


なお、2008年4月18日追記による改訂中、第1項において、「本方針第1項a号」とあるのは、「本方針第2項a号」の誤記であったから、これを訂正する。


08.6.2追記:本方針を次のように改める。

1.本方針第1項第b号中の、「記事の内容とはいかなる点においても関係ない」を、「関係のない」とする。

08.6.7追記:
08.6.2追記による改定中、「関係のない」とあるのは、「記事の内容とは関係のない」の誤りであるから、訂正する。